運転免許を取る前に

AT車MT車のメリットデメリット

メリット

AT車の免許のメリットは、取得する費用が安いという事、取得するまでにかかる時間が短く、車の操作も簡単なため取得しやすい。
これらの事が挙げられます。
今道路を走っている車のほとんどがAT車なので、AT車限定の免許であっても、車選びに困る事はなさそうです。

逆に、MT車のメリットは、運転しているという事を楽しめるという事が第一です。
クラッチやギアの操作など、AT車には無い技術が必要になりますが、MT車の醍醐味、運転しているという事を実感できる点がメリットと言えるのではないでしょうか。
操作は難しいかもしれませんが、バスやトラック、スポーツカーなど、少し特殊な車はすべてMT車の事が多いので、そちらの車を運転したいという方はMT車の免許が必要になります。

デメリット

AT車の免許のデメリットとしてあげられるのは、MT車に乗れない事です。
後で、MT車に乗りたいと思ったら、AT車の限定解除という教習を受けにいかなければなりません。
また、AT車の特徴であるクリープ現象で、不慮の事故を起こしてしまうという危険もあります。
クリープ現象とは、ギアがドライブに入っている状態でアクセルを踏まなくてもブレーキを離した状態で車が勝手に前に進むという現象です。
不注意で勝手に車が前に進み、前の車や建物との接触事故に繋がるケースが多々あります。

MT車のデメリットは、操作が難しいという事です。
教習する時間も長くなり、免許取得にかかる費用もAT車に比べると少しかかります。

メリットデメリットをふまえて、どちらの免許を取得したいか考えてみてください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る